北海道ペアレントメンター
養成研修のご案内
研修内容


発達障害を持つ
子どもの家族支援
   札幌市   
ペアレントメンター
ご案内









   北海道教育委員会






イベント開催情報


 令和4年7月17日更新

        ≪お知らせ≫ 北海道ペアレントメンター養成研修の開催案内。

左のバナーをクリックしてください

        ≪お知らせ≫  クローバーでは、札幌市の委託を受けて、発達障害を持つ子どもの

                 家族支援の活動をしております。

左のバナーをクリックしてください

         ≪お願い≫  例会実施にあたり、コロナ対応について


                                   当日は検温、マスクの着用をお願い致します。

           3密を避けるため、各回共に定員が少なくなっております。お早めにお申し込み下さい。

尚、さらに変更等があった場合はHPに掲載し、申込者にはご連絡いたします。



※今年1月に予定していましたがコロナ感染拡大で延期しました。


7月例会


『幼児期から成人期まで生涯に渡っての感覚統合』



作業療法士による感覚統合療法を始める時期は、年齢が小さいうちに始めるのが効果的で、脳機能の発達と
しても10歳までと言われています。しかし、その子たちが大きくなってどのような形で感覚統合を普段の生活の
中に取り入れているのかを知り、どのような場所で実施できるのか?今回は、感覚統合理論を生涯に渡って取
り入れる視点からお話いただきます。


定員30名

  講 師:
  

  大坂 浩一 氏  (こども支援ルーム宮の沢施設長 ・ 作業療法士)


  世良 彰康 氏  (こども支援ルーム代表 ・ 作業療法士)

  日 時:
 

   7月23日(土) 14:00〜16:30 

  会 場:
 北海道立道民活動センター〔かでる2.7〕 710会議室             
        (札幌市中央区北2条西7丁目)
  
  会 費:
 

 一般600円/ 賛助会員400円/ 正会員200

  締切り:
  7月20日までに申込下さい
  申込み:
 

 メール又はFAXで、以下@〜B(C)を をお知らせください。

 @氏名(ふりがな)

 A住所 (保護者の方はその旨とお子さんの年代/幼・小・中・高・青年)

 B連絡先

 CFAX番号(満席、変更があった場合のみ返信いたします。)


 ◆ Eメール:clover_oyanokai@hotmail.com (件名は「7月例会申込」)

 ◆  FAX : 011-299-9639  (クローバー事務所)

           〜満席、変更があった場合のみ連絡いたします〜


       ※ 託児はありません。お子様連れはご遠慮ください。 




8月例会


『改めて考える障害受容とは』



我が子に障害があると分かった時、多くの親はそれを受け入れるのに苦悩します。また、子ども本人が自分の
特性に気づき、自己理解していくために、周囲の人たちは逡巡しながら接して行きます。越えなければならな
いこの課題に、みなさんとお話をお聴きしながら考えたいと思います。


定員30名

  講 師:
  

  大宮 秀淑 先生 (札幌学院大学心理学部臨床心理学科)

  日 時:
 

   8月3日(水) 10:00〜12:00 

  会 場:
 北海道立道民活動センター〔かでる2.7〕 1070会議室            
         (札幌市中央区北2条西7丁目)
  
  会 費:
 

 一般600円/ 賛助会員400円/ 正会員200

  締切り:
  7月31日までに申込下さい
  申込み:
 

 メール又はFAXで、以下@〜B(C)を をお知らせください。

 @氏名(ふりがな)

 A住所 (保護者の方はその旨とお子さんの年代/幼・小・中・高・青年)

 B連絡先

 CFAX番号(満席、変更があった場合のみ返信いたします。)


 ◆ Eメール:clover_oyanokai@hotmail.com (件名は「8月例会申込」)

 ◆  FAX : 011-299-9639  (クローバー事務所)

           〜満席、変更があった場合のみ連絡いたします〜


       ※ 託児はありません。お子様連れはご遠慮ください。 




9月例会


『LD(学習障害)児への支援を考える』



LDの子ども達へ具体的な支援は、どの様に進んでいるのでしょうか?その特性からどのように支援すれば良
いのか、親はじめ支援者の方々も日々迷っておられる方々は多いように感じています。今回、齊藤先生から 
お話をお聴きしながら、子ども達への適切な支援方法を。支援者・保護者の方々と共に考えたいと思います。


定員45名

  講 師:
  

  齊藤 真善 先生 (北海道教育大学札幌校)

  日 時:
 

   9月3日(土) 9:45〜12:00 

  会 場:
 北海道立道民活動センター〔かでる2.7〕 710会議室             
        (札幌市中央区北2条西7丁目)
  
  会 費:
 

 一般600円/ 賛助会員400円/ 正会員200

  締切り:
  8月31日までに申込下さい
  申込み:
 

 メール又はFAXで、以下@〜B(C)を をお知らせください。

 @氏名(ふりがな)

 A住所 (保護者の方はその旨とお子さんの年代/幼・小・中・高・青年)

 B連絡先

 CFAX番号(満席、変更があった場合のみ返信いたします。)


 ◆ Eメール:clover_oyanokai@hotmail.com (件名は「9月例会申込」)

 ◆  FAX : 011-299-9639  (クローバー事務所)

           〜満席、変更があった場合のみ連絡いたします〜


       ※ 託児はありません。お子様連れはご遠慮ください。 




例会履歴

              8月例会 「子どもの世界を体験しよう〜心理的疑似体験〜」

              7月例会 「ディスレクシアとは〜読み・書きの困難〜」

              9月例会 「将来を見通した子ども支援-自立- 〜学生相談から見えてきたこと〜」

             10月例会 「親の学びのために」

                           11月例会 「感覚統合の視点から発達障害の支援を考える 第3弾

             12月例会 「『お金』をめぐる課題と支援を考える・・・

                     お金の管理とトラブル防止を支えるために」

                     H30年1月例会 「ハローワーク障害者相談窓口から見えてくるもの」

               2月例会 「発達障害のある方の就職後の課題」

                              6月例会 「親の学びのために」

              7月例会 「発達障害とソーシャルスキル」

                              8月例会 「子どもの世界を体験しよう〜心理的疑似体験〜」

                             10月例会 「親の学びのために」

              11月例会 「感覚統合の視点から発達障害の支援を考える 第4弾

                             12月例会 「大事なお金の管理・トラブル防止を考える」

                                              

          H31年1月例会 「将来を見通した子ども支援A 〜社会性の発達と不適応〜」

              2月例会 「発達障がいのある方の就職活動」

                    R元年6月例会 「親の学びのために」

                             7月例会 「海外出張 世界一周研修記」

              8月例会 「子どもの世界を体験しよう〜心理的疑似体験〜」

              9月例会 「将来を見通した子ども支援B 〜学習の困難と学力低下〜」

             10月例会 「親の学びのために」

             11月例会 「子どもたちの意思決定支援と成年後見制度の在り方を考える」

             12月例会 「LDに関する最新情報あれこれ」

                       R2年 1月例会 「感覚統合の視点から発達障害の支援を考える 第5弾」

              6月例会 「親の学びのために」

              7月例会 「当事者研究の紹介と研究発表」

              8月例会 「子どもの世界を想像しよう〜心理的疑似体験から個別支援を考える〜」

              9月例会 「心理的ストレスとその対処法」

              10月例会 「親の学びのために」

             11月例会 「子どもたちの意思決定支援と成年後見制度の在り方を考える」

          R3年 1月例会 「感覚統合療法について」

              2月例会 「発達障がいのある方の雇用が、次の雇用スタイルをつくる」

              7月例会 「心理的ストレスとその対処法 第二弾」

              10月例会 「発達障害とディスレクシア(読み書き障害)の理解と支援」

                             10月例会 「元気の出るはなしもろもろ」※9月例会変更分

              11月例会 「家族信託について」

                             12月例会 「最近のLDを取り巻く現状とLD学会報告」

          R4年 2月例会 「就労への道しるべ」

                                 6月例会 「親の学びのために」