発達障害を持つ
子どもの家族支援
札幌市      
ペアレントメンター
ご案内









   北海道教育委員会






イベント開催情報


 令和6年6月10日更新

         ≪お知らせ≫ 参加事業所募集「札幌版:強度行動障がいを有する方への        
                                       集中的支援試行プログラム」          
                  詳しくは
左のバナーをクリックしてください


         ≪お知らせ≫ 研修会「自閉症支援の基本的な考え方と                   
                        教育・医療・福祉との連携について」                
                  詳しくは
左のバナーをクリックしてください


         ≪お知らせ≫ 2024年 7月・8月・9月例会の詳細を掲載しました。


         ≪お知らせ≫ 北海道ペアレントメンター養成研修募集のお知らせ。            
                  詳しくは
左のバナーをクリックしてください


≪お知らせ≫ クローバーのメールアドレスがclover.oyanokai@gmail.com変わりました。

         ≪お知らせ≫  クローバーでは、札幌市の委託を受けて、発達障害を持つ子どもの        
            家族支援の活動をしております。
                        
                     【
左のバナーをクリックしてください


         ≪お願い≫  例会実施にあたり、コロナ対応について


                           当日は検温、マスクの着用をお願い致します。

           3密を避けるため、各回共に定員が少なくなっております。お早めにお申し込み下さい。

尚、さらに変更等があった場合はHPに掲載し、申込者にはご連絡いたします。



7月例会


『見える世界と見えない世界をつなぐ』



        久しぶりに先生にお願いしたところ、遠方にもかかわらず、ご快諾していただきました。          
        興味津々なテーマです。どんなお話になるのか、楽しみにしたいと思います。                
☆先生は、HSC(とても敏感・繊細であり、豊かな感受性を持った気質の子ども)/HSP(非常に感受性が強く敏
  感な気質を持った人)、神経発達症、発達性トラウマ、愛着障害、慢性疲労症候群などの診断治療で、脳と 
  心と体と魂と食の結びつきを促す統合医療を行っています。                                   
☆著書「気にしすぎ人間へ」「敏感すぎる自分を好きになれる本」「子どもの敏感さに困ったら読む本」など多数
出版しておられます。


定員30名

  講 師:
  

 長沼 睦雄 先生 (十勝むつみのクリニック院長)

  日 時:
 

   7月7日(日) 13:30〜15:30 

  会 場:
 札幌市社会福祉総合センター 第2会議室 (札幌市中央区大通西19丁目) 
  会 費:
 

 一般600円/ 賛助会員400円/ 正会員200

  締切り:
  7月4日までに申込下さい
  申込み:
 

 メール又はFAXで、以下@〜Cを をお知らせください。

 @氏名(ふりがな)

 A住所 (保護者の方はその旨とお子さんの年代/幼・小・中・高・青年)

 B連絡先

 CFAX番号(満席、変更時等の場合返信いたします。)


 ◆ Eメール:clover.oyanokai@gmail.com (件名は「7月例会申込」)

 ◆  FAX : 011-299-9639  (クローバー事務所)

           〜満席、変更があった場合のみ連絡いたします〜





8月例会


『発達障がいに対する認知リハビリテーションの実際』



発達障がいを持つ方には、注意力や記憶力などの認知機能に課題を抱えている方が多くいらっしゃいます。 
そのような方々を対象とした認知リハビリテーションがここ20年ほどの間で、欧米を中心に研究が進められてき
ています。当日は認知リハビリテーションの理論に加えて実際のリハビリテーションの具体例を紹介し、家庭で
も実践できる認知リハビリテーションについてお伝えしたいと思っています。


定員30名

  講 師:
  

 大宮 秀淑 先生 (札幌学院大学 心理学部 臨床心理学科)

  日 時:
 

   8月7日(水) 10:00〜11:30 

  会 場:
 北海道立道民活動センターかでる2.7/1010会議室              
            (札幌市中央区北2条西7丁目)
 
  会 費:
 

 一般600円/ 賛助会員400円/ 正会員200

  締切り:
  8月4日までに申込下さい
  申込み:
 

 メール又はFAXで、以下@〜Cを をお知らせください。

 @氏名(ふりがな)

 A住所 (保護者の方はその旨とお子さんの年代/幼・小・中・高・青年)

 B連絡先

 CFAX番号(満席、変更時等の場合返信いたします。)


 ◆ Eメール:clover.oyanokai@gmail.com (件名は「8月例会申込」)

 ◆  FAX : 011-299-9639  (クローバー事務所)

           〜満席、変更があった場合のみ連絡いたします〜





9月例会


『日常生活自立支援事業』



      日常生活自立支援事業の金銭管理などの福祉サービスの利用について教えて頂きます。         
    ※9月は札幌市社会福祉協議会ボランティア活動センターの出張講座をお願いしましたので、参加費は
無料です。


定員30名

  講 師:
  

 札幌市社会福祉協議会ボランティア活動センター             
 日常生活自立支援事業担当者

  日 時:
 

   9月18日(水) 13:15〜15:15 

  会 場:
 札幌市社会福祉総合センター 第3会議室 (札幌市中央区大通西19丁目) 
  会 費:
 

  無料

  締切り:
  9月15日までに申込下さい
  申込み:
 

 メール又はFAXで、以下@〜Cを をお知らせください。

 @氏名(ふりがな)

 A住所 (保護者の方はその旨とお子さんの年代/幼・小・中・高・青年)

 B連絡先

 CFAX番号(満席、変更時等の場合返信いたします。)


 ◆ Eメール:clover.oyanokai@gmail.com (件名は「9月例会申込」)

 ◆  FAX : 011-299-9639  (クローバー事務所)

           〜満席、変更があった場合のみ連絡いたします〜





例会履歴

                    H30年1月例会 「ハローワーク障害者相談窓口から見えてくるもの」

              2月例会 「発達障害のある方の就職後の課題」

                             6月例会 「親の学びのために」

             7月例会 「発達障害とソーシャルスキル」

                            8月例会 「子どもの世界を体験しよう〜心理的疑似体験〜」

                           10月例会 「親の学びのために」

              11月例会 「感覚統合の視点から発達障害の支援を考える 第4弾

                           12月例会 「大事なお金の管理・トラブル防止を考える」

                                              

          H31年1月例会 「将来を見通した子ども支援A 〜社会性の発達と不適応〜」

              2月例会 「発達障がいのある方の就職活動」

                    R元年6月例会 「親の学びのために」

                             7月例会 「海外出張 世界一周研修記」

              8月例会 「子どもの世界を体験しよう〜心理的疑似体験〜」

              9月例会 「将来を見通した子ども支援B 〜学習の困難と学力低下〜」

             10月例会 「親の学びのために」

             11月例会 「子どもたちの意思決定支援と成年後見制度の在り方を考える」

             12月例会 「LDに関する最新情報あれこれ」

                    R2年 1月例会 「感覚統合の視点から発達障害の支援を考える 第5弾」

              6月例会 「親の学びのために」

              7月例会 「当事者研究の紹介と研究発表」

              8月例会 「子どもの世界を想像しよう〜心理的疑似体験から個別支援を考える〜」

              9月例会 「心理的ストレスとその対処法」

              10月例会 「親の学びのために」

             11月例会 「子どもたちの意思決定支援と成年後見制度の在り方を考える」

          R3年 1月例会 「感覚統合療法について」

              2月例会 「発達障がいのある方の雇用が、次の雇用スタイルをつくる」

              7月例会 「心理的ストレスとその対処法 第二弾」

               9月例会 「発達障害とディスレクシア(読み書き障害)の理解と支援」

                            10月例会 「元気の出るはなしもろもろ」※9月例会変更分

              11月例会 「家族信託について」

                            12月例会 「最近のLDを取り巻く現状とLD学会報告」

          R4年 2月例会 「就労への道しるべ」

                               6月例会 「親の学びのために」

                               7月例会 「幼児期から成人期まで生涯に渡っての感覚統合」

                               8月例会 「改めて考える障害受容とは」

               9月例会 「LD(学習障害)児への支援を考える」

             10月例会 「子ども理解の限界を知りつつも接近する」

             11月例会 「相談支援事業について」

             12月例会 「親の学びのために」

           R5年1月例会 「感覚統合療法について」

              2月例会 「就労への道しるべ」

              6月例会 「親の学びのために」

              7月例会 「任意後見制度について」

              8月例会 「大人の発達障害と子どもの発達障害の相違点について」

              9月例会 「特別支援教育の動向について」

                            10月例会 「親亡きあと安心対策-権利擁護の勉強

              11月例会 「親の学びのために」

              11月例会A「特殊詐欺について」

              12月例会 「最近のLDを取り巻く現状とLD学会報告」

            R6年1月例会 「感覚統合療法について」

               2月例会 「親なき後を見据えて就労と福祉を考える」

               6月例会 「親の学びのために